満月の夜は、ディカフェとローズ油を味方に

5月11日は満月でしたね。


満月になるとなんとなくそわそわしたり、

新月になると体が軽くなった気になったり、

そんな経験ありませんか?


先週、「深夜3時のハーブティ」の記事で、

夜も眠れないほどのドバイ生理痛事情について書きましたが、

想像以上に反響があり、ここは専門家に聞いて解決しよう。


なんなら月に1度の「生理」や「満月」、

いらいらそわそわするのはやめて、

むしろ味方につけて一皮むけてキレイになろう。


ということで!

満月パワーを味方につけるを趣旨のもと、

今日は公私ともに仲良いオーガニックアドバイザーのKASUMI

「結局、生理痛には何がいいの?」を聞いて3つまとめました。

1.  ローズ油でデリケートゾーンをいたわる。

意外と知らない人が多い、デリケートゾーンのお手入れ。

私は「WELEDA」のデリケートゾーン専用ローズクリームを初めて使った日、

からだがポカポカしてくるのを実感しました。

それ以来、生理痛がひどい時だけでなく定期的に使うようにしています。


Kasumi said..

植物由来成分を用い自然療法に基づいたアロマテラピー製品を研究・開発しているチェコのスキンケアブランド・アロメディカのデリケートゾーンの消臭、洗浄に最適なボディ用オイル。
石けんで洗うと失われてしまいがちなデリケートゾーンの微生物菌のバランスを保ち、細菌や感染、また気になる臭いやかゆみといったトラブルから守ってくれます。
成分はもちろん100%ナチュラル。経皮吸収といって皮膚からの吸収率が腕の約42倍とも言われるデリケートゾーンだからこそ何で洗うか、何で保湿するか、身体への影響は大きいです。
個人差はあるものの、このオイルを使い始めて生理痛が和らいだ、という声はよく聞きます。成分に含まれる“小麦胚芽オイル”は保湿だけでなく血流の促進。ローズ油はは女性ホルモンの分泌を促し、イランイラン油やサンダルウッド油は高ぶった神経の鎮静を。その他精油の働き、植物オイルのビタミン・ミネラルなどの働きなど多面的にデリケートゾーンをサポートしてくれる心強い味方になるはず。


2. ”つい目が止まるキレイな人”がはじめてる粘膜美容

街を歩いてて、なぜか惹かれる人っていませんか。

モデルさんや女優さんのような美しさとは別格の、

「つい気になってしまうキレイな人」。


私にとって「なんか気になってしまう、キレイな人」は、

いつも瞳がうるっとして、透明感があり、唇のケアができていること。


これってお化粧みたいに、朝作って夜できるものではないと思うんです。

だからつい惹かれちゃう。


「瞳」や「唇」の潤いを保つために欠かせない粘膜美容にはこれ。

ラズベリーリーフのハーブティが効くみたい!


Kasumi said..

安産のハーブとも言われるラズベリーリーフ。妊娠後期に飲み始めるとお産がスムーズになるというのはよく言われるが、子宮に働きかけてくれるラズベリーリーフは妊婦さん以外にももちろん効果的です。子宮や骨盤周りの筋肉を強化してくれる効果があるため、きゅーっと締め付けられるような生理特有の痛みから助けてくれます。
膣内の粘液分泌を正常にしたり、その他瞳や口内の潤わせ、粘膜強化にはこれ。


3. 日常的にディカフェを取り入れる

これはあくまでコーヒーホリックの私の意見。

もともと子宮が弱くて長いこと肌荒れに悩まされてるんだけど、

個人差は多少あれど、ディカフェ(=カフェインレス)は即効性あり。


ちょっと調子が優れない時や、生理前には、

コーヒーショップでも必ずディカフェを頼むと

カフェインレスとはいえいつもの自分のペースが取り戻せる感じ。

最後に一言Kasumiより、

なにはともあれまずは身体を(特に下半身)あたためることが大切。
そのために布ナプキン・湯たんぽ・ホッカイロ・重ね履き靴下・腹巻き・白湯・お風呂などなど今すぐできることは多い。
布ナプキンは直接デリケートゾーンに当たるものだから特に変化を感じやすいのでは。わたしは初めて布ナプキンをした翌日、街中を歩いていて突然「あ、子宮があったかい」と感じたのを今でも覚えている。
子宮があったかくて心地よくて、守られている感じ。今までどれだけ未防備だったんだろう…と。
湯たんぽや重ね履き靴下を使って寝た翌朝も、身体の軽さが段違いだったのをよく覚えている。おとなになっていつの間にか重くなり、その重さにさえ麻痺していた身体を、驚くほどぐんと身軽にしてくれた。

子宮も身体もちょっとひと手間かけて大切にしてあげることで、痛みのアラームを鳴らすことはどんどん減ってくるはず。


夏はメトロ内やレストラン、薄着のワンピースにサンダルなど、

意外と冷えているのに気付いていないことも。


外は45度、室内は20度というドバイでも、

気温差に負けずしっかりあたためて生理痛改善していこう。


コメントやメッセージで生理痛情報いただいた方、ありがとうございましたm(_ _)m

またここで、ちょっとした日常の問題解決していこう。そうしよう。




0コメント

  • 1000 / 1000